「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

チャンピョン オブ チャンピョンズ

d0343832_22214648.png
「優勝チームだけが参加出来るファンタジーゲーム」

レギュラーシーズンを優勝したゲーマーだけに届く招待状。それが「チャンピョン オブ チャンピョンズ」。プレーオフのラウンド毎に勝敗が決定し、限られた上位チームだけが、次のラウンドに挑戦できるという、ワクワクするシステム。
ワイルドカード参加チーム/213,310チーム
セミファイナルに進めるのは/上位20,000チーム
ファイナルに進めるのは/上位2,000チーム


[PR]
# by fantasygames | 2016-01-09 22:33 | NFL(フットボール)

NFLプレーオフファンタジーはじめます。

d0343832_00170202.png
「NFLプレーオフファンタジーはじめます。」
今シーズンもやってまいりました「hoop & kenny NFLプレーオフファンタジーゲーム」ゲーマー募集中です。
参加チーム制限なし、参加期限1/9(ゲーム開始前まで)
参加方法はhttp://playoffchallenge.fantasy.nfl.com/で自分のチームを作り、リーグで[ hoop&kenny ]を検索していただいてパスワード[ newyork ]でリーグに参加できます。

[PR]
# by fantasygames | 2016-01-05 00:24 | NFL(フットボール)

NFLファンタジーゲーム終了&検証と戦術

「NFLファンタジーゲームH2H検証&戦術説明」

日本では参加者があまりいないNFLのファンタジーゲーム。hoop&kennyでも毎年募集してたんですがチームが集まらないので、今シーズンはパブリックで参加しました。アメリカでは…というかファンタジーはロトよりもH2Hの方が人気があるようで、H2Hのファンタジーしか参加できませんでしたが…結論から言うと「hoop&kennyリーグ」のレベルはかなり高いです。アメリカのパブリックは弱い…というか熟考しない…というか単純なのか…

今シーズンの結果は下記の通り優勝しました。
d0343832_22101338.png
d0343832_14073628.png

H2Hの場合Week14までがレギュラーシーズンで4位以内がプレーオフに進出しWeek15がセミファイナル、Week16がファイナルとなります。Week17をファイナルにしていないのは実際の多くのプレーオフ進出チームが主力を休ませる傾向があるので、それを考慮しているのではないかと思われます。
d0343832_14182287.png
わがチームhoopnflはレギュラーシーズンを3位で通過しました。結構紆余曲折あったのですが、これから私個人の戦略の解説をしていきたいと思います。

Week1(ドラフト直前)
d0343832_14212470.png
私の場合NFLのドラフトの持論その1)基本はランゲーム主体。ランとディフェンスの良いチームが強いチームである。と私は思っています。極端に言うとよいHCとコーディネイターのいるチームが強いとプレーヤーそっちのけで思ってたりもするのですが。ファンタジーの場合圧勝した場合後半はWRは使わないでラン主体で逃げ切るので良いRBの獲得はファンタジーの基本ではないかと思います。今回はRBピーターソンとフォルテをドラフトできるというミラクルが起きまして…さらWRにグリーンとサンダースも獲得できました。が…TEが今シーズンはグラハムとジュリアストーマスの移籍でドラフト時に手堅いTEがグロンコしかいない状況でしたので、シーズン始まってから修正するしかありませんでした。

Week4(ロースター修正)
d0343832_14390014.png
Week4までにやらなければいけないことは、スリーパーの発掘です。というかNFL, ESPN, YAHOOなどのアナリストの評価からの脱却です。例えばDEFは前評判の高かったマイアミをドラフトしたのですが…どーやらそーでもない…ということでWeek4までにアグレッシブなディフェンスを見せていたデンバーにスイッチしました。と同時にキッカーもデンバーに変更しました。
持論その2)キッカーをなめるな。
ファンタジーゲーマーの特徴としてオフェンスのプレーヤーに注目する傾向があるのですがWRなど一握りのWR以外はギャンブルのようなものである。それに比べてキッカーが40ヤードフィールドゴールを2本決めればWRの1TD相当のポイントが稼げるのである。
持論その3)ディフェンスはアグレッシブさを重視。
ディフェンスもキッカー同様ないがしろにしてはいけないポジションである。オフェンスのポイントが伸び悩んだ時にディフェンスで救われた経験のあるチームは多いと思う。ディフェンス選びは堅実なディフェンスが売りのチームよりも、リターンTDやインターセプト数の多いチームを選ぶようにしている。ディフェンスはゲーム開始時が10ポイントで失点をしていくごとにマイナスになっていく他のプレーヤーの加点方式とは異なるポジションである。なので実際のゲームで堅実なディフェンスをするチームは失点を抑えることにしかつながらない。ファンタジーの場合は加点できるチームを選ばなければいけないのでサック、ファンブルレシーブ、インターセプト、タッチダウンを積極的に狙うディフェンシブコーディネイターのいるチームを選択する。

Week16(最終ロースター)
d0343832_15000459.png
今シーズン勝利することができたのは大物RBを2人ドラフトできたこと、TEジョーダンリードを先取りしたことと、デンバーをディフェンスにしたことが大きい。次に弱小チームに成り下がったニューオリンズのQBブレスの代わりにバッファロービルズのQBテイラーと控えRBイェルドン。故障で離脱していたデショーンジャクソンの獲得。シーズン中盤活躍したWRディグ、WRベンジャミン、WRモンクリエフ。大変だったのはペイトンマニングの離脱によってサンダースとデンバーのキッカーのポイントが大幅に下がったことで、キッカーはカロライナにスイッチしてなんとか平均点は維持しました。

持論その4)WRはホームorアウェイと相手チームのディフェンスと天候で選ぶ
全てのチームとプレーヤーはホームかアウェイのどちらかを得意としている。(ほぼ全勝しているチームは除く)特にアウェイでしかTDしないWRとかもいる。WRはほんの一握り(自力でTDできるプレーヤー俗に言う怪物)を除きディフェンスの良し悪しが大きく影響するので注意が必要である。さらにゲーム当日が雨天の場合当然QBとWRのパフォーマンスは下がるので天候はチェックして方が良い(全天候型スタジアムは除く)。

持論その5)RBは実績重視
 これは私の反省点でもあるのですが、対戦チームがランディフェンスに強い場合、ランディフェンスのゆるいチームと対戦するRBと何度か入れ替えてみたのですが、全て裏目に出ました。ケガまたはチーム戦略の変更以外の理由でRBを変更する必要はなかった。今回RBフォルテが故障中にローキーRBランフォードが大活躍し来シーズンの契約延長問題とともにフォルテがケガから復帰しても、ランフォードへシフトしていくかもしれない状況があり、事実アタック数も半減しました。それを考慮してRBを主力の故障でチャンスが回ってきた若手RBを使ったりしたのですが、やっぱり安定していないし、何よりも実力が違いすぎる…実際にゲームを見るとフォルテは30でも怪物なのです。

持論その6)TEは上位ドラフトすべきではない。 すでに書いているがグラハム、トーマスの移籍により昨シーズンまでの「TEバブル時代」は終わった。もちろんTEを制することができればポイントが安定するが、ご存知のようにペイトリオッツのグロンコ以外に破壊力のあるTEはドラフト時では存在しなかった。さらにTEは故障が多い。ベネット、ゲート、キャメロンなどシーズンの半分もプレーしていない印象である。なのでTEは良いドラフトができなくても心配する必要はない。必ずスリーパーが現れるからである。今シーズンはグロンコよりも多くTDしたシンシナチのアイファートを筆頭にワシントンのリードなどが現れた。しかし彼らも例外なく故障し離脱する。

以上を基本戦略にしていればプレーオフにはいけると思われます。

[PR]
# by fantasygames | 2015-12-29 15:37 | NFL(フットボール)

NBA キーパーリーグ 2014-15: ドラフト&キーパー指名

NBA キーパーリーグ 2014-15: サラリーキャップ

今シーズンのサラリーキャップを設定しましたので各チームのオーナーはサラリーキャップないでキーパーの設定をお願いいたします。サラリーはhoopshypeを参考にしてください。キーパー設定の期限は10月21日となりますのでよろしくお願いいたします。
新規加入の方はキーパーはできませんのでご了承ください。
d0343832_11072127.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
# by fantasygames | 2015-10-13 11:14 | NBA(バスケットボール)

NBAキーパーリーグ2015-16: ドラフト&キーパー指名

NBA キーパーリーグ 2014-15: ドラフト&キーパー指名

ドラフトについて:ドラフトは、全体1番目指名権をサラリーキャップのもっとも小さいチームが持ち、指名権2番は2番目にサラリーキャップが小さいチーム、指名権3番は3番目にサラリーキャップが小さいチームと続き、2巡目以降はスネーク方式とします。今シーズンから新しく参加されたチームはキーパー指名はできませんのでドラフトだけになります。

今年のドラフトは、ライヴ方式で開催し、以下のスケジュールを予定しています。
Roto: (米国東部時間) 10月24日午後10:00(日本時間10月25日午前11:00)
H2H: (米国東部時間) 10月24日午後11:30(日本時間10月25日午後12:30)


キーパー指名について: 締め切り10月21日当リーグのキーパー指名は、前年度の順位に応じて、キープできる選手の合計サラリーの上限(=サラリーキャップ)を設定し、それを超えない範囲であれば、選手を何人キープしてもかまわない、というルールです。

各選手のサラリーは、hoopshype ( hoopshype.com/salaries ) の2015/16シーズンのデータを用いることとします。まれにサラリーが空欄の選手がいますが、このような選手を指名する希望がある場合は、事前にコミッショナーhoopにご相談ください。hoopnba@gmail.com各チームのサラリー総額の上限については、明日当ブログに掲載します。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by fantasygames | 2015-10-13 05:04 | NBA(バスケットボール)